総合建設コンサルタント 株式会社名邦テクノ|土木設計・測量調査、土地・不動産業務から土壌汚染調査まで|本社:名古屋 支店:豊田,東三河,静岡 営業所:西尾,稲沢,長野,岐阜,三重

UAV撮影・調査

ドローン(UAV)を活用した建設ICT事業

UAVとは、「Unmanned Aerial Vehicle」の略称であり、無人で飛行する航空機の総称です。
最近では個人でも購入でき操縦が可能で、小型で安価な無人航空機(UAV)を「ドローン(ミツバチ)」と呼称しています。このドローンを写真撮影だけでなく、測量、点検(維持管理)、輸送、救助・救援など様々な分野で活用する動きがあります。
国土交通省では現在、「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組である 【 i-Construction(アイ・コンストラクション)】 が進められており、今後、国をはじめ、県、市町村、民間などへ活用が本格化していくものと予想されます。

i-Construction(アイ・コンストラクション)

この取り組みは、生産性の向上が遅れている土工等の建設現場において、「ICT(情報通信技術)」を活用した情報化施工を実施することにより「土工」「コンクリート工」の生産性向上を目的とするものです。

測量・調査 ・ドローンを用いた3次元測量
 
設計・計画 ・3次元モデル活用    ・視覚的設計計画の実施
 
施 工 ・ICT建設機械等による自動制御施工
 
検 査 ・ドローンを用いた検証  ・3次元出来形管理

飛行計画作成 測量・調査

写真のラップ率を考慮し、撮影写真が精度内に収まるよう、飛行経路、飛行高度・飛行速度・シャッター間隔を決定する。

無人航空機による空撮 測量・調査

ドローンを用いて上空より3次元データを作成するための空中写真を飛行計画に沿って撮影(自動又は手動)。
又評定点をRTK測量を用いて計測。

3次元点群データ・3次元モデル処理 測量・調査

ドローンによる空撮により取得された撮影データを3次元点群データ及び3次元モデルデータに変換・作成。
評定点により位置情報を補正

出来形計測・出来形管理処理 検査

UAVにて撮影した空中写真を写真測量ソフトウェアに読込み、地形や地物の座標値を算出し、「出来形計測データ」取得、算出した地形の3次元の計測点群データから不要点等を除去し、「出来形評価用データ」を作成する。

出来形管理帳票の作成・データ納品 検査

管理項目の計算結果と出来形の良否の評価結果をプロットした出来形管理図表、もしくは管理項目の計算結果を表示できる3次元モデルのビューアファイルを出来形管理資料として出力、納品する。

空撮「動画・静止画」 動画・静止画撮影

ドローンによる対象物の「360°全方位撮影」が可能。

 

H29.6.7 ICTアドバイザー登録

ICT能力区分

  • Ⅰ. 3次元測量(測量から点群データ作成)
  • Ⅱ. 3次元設計
  • Ⅳ. 3次元出来形管理
信頼と実績のプロスタッフにお任せください
  • ■ 建設コンサルタント
  • ■ 補償コンサルタント
  • ■ 測量業者
  • ■ 不動産鑑定業者
  • ■ 一級建築士事務所
  • ■ 土壌汚染指定調査機関
  • ■ 宅地建物取引業者
当社は地域貢献に努めています
  • ■ ISO9001: 2008
  • ■ エコ事業所
  • ■ AED設置事務所
  • ■ 通学路子ども110番の家
  • ■ 地域防災協力事務所

 

ページ上部へ